yu's blog



 

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27
28
29
30 31          


WWW を検索
's blog 内を検索
最近の記事
7/27 D@S

7/26 D@S

7/25 都市対抗

7/24 都市対抗

7/23 都市対抗

7/22 都市対抗

7/21 都市対抗

7/20 都市対抗

7/19 都市対抗

7/18 Bs@M

7/18 都市対抗

7/17 Bs@M

7/17 都市対抗

7/16 都市対抗

7/15 都市対抗

7/14 都市対抗

7/12 S@G

7/11 M@L

7/11 EL B*@L

7/10 S@G

7/9 M@Bs4

7/8 M@Bs

7/7 C@S

7/5 E@M

7/4 L@F

7/3 L@F

7/2 F@M

7/1 F@M

6/30 F@M

6/25 M@Bs

過去ログ
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 8月
2016年 7月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月

 



7/3 L@F
L 013 001 105 | 11
F 200 100 100 | 4

初回先頭秋山の打席途中に到着。

大谷スタメン復帰、今季初観戦。ドレイク初出場。東映フライヤーズ復刻。

先発投手は昨年新人王高梨と岡本。

1回裏、中田右越2点本塁打。

2回表、炭谷左適時二塁打。

3回表一死、二塁打の源田を置いて、浅村右前打、新加入ドレイク肩の強さを示したかったのか本塁へ投げ、その間に浅村二進。結果的には中村中越3点本塁打で影響なかったが。

4回裏、レアード中越本塁打。東京ドームらしい空中戦の様相。大谷右二塁打で交代。

6回表、金子侑左前適時打。

2点リードの6回裏二死から田中に被安打で岡本降板、大石。

Fも7回表から継投。井口から中村おかわり弾。

7回裏、先頭石井一の中前打か中飛かは分からなかった。一死二、三塁で中堅へ抜けようかという打球を外崎もよく捕球したが西川二塁適時打。

9回表、F2年目上原が無死満塁として栗山右前適時打、木村文左2点適時二塁打、外崎右犠飛、炭谷右犠飛。登録されたばかりでこの投球は辛いだろうなあ。

21:33, Monday, Jul 03, 2017 ¦ 固定リンク ¦ 携帯

▲ページのトップへ
 


最近のコメント

最近のトラックバック

携帯で読む
   URLを携帯に送る


Powered by CGI RESCUE